子宮内膜症について

子宮内膜症とは

子宮内膜症

子宮内膜症とは、20~30代の女性に多く見られる症状です。
本来子宮内にだけある子宮内膜や子宮内膜様が、卵巣や膣、膀胱など、子宮以外の箇所にできてしまう病気です。

子宮内膜は月経期になると、出血を起こしますが、子宮以外にできた子宮内膜も同様に出血が起こります。
そのため、血液が体内にたまってしまい、他の臓器との癒着が起こり、炎症や痛みの原因になります。

妊娠をしたことがない女性に発症しやすい傾向があり、不妊へも影響があるとされているので、気になる方は、早めの受診を心がけましょう。

子宮内膜症の症状について

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因は、はっきりと解明されていませんが、諸説あると言われております。一つ目が子宮内膜移植説です。これは、生理が起こった場合、通常血液は体外へと出されますが、血液が逆流してしまうことで、腹部にたまってしまうことが原因という説です。もう一つが体腔上皮生説です。これは何らかの原因により、腹膜が子宮内膜へ変化してしまうという説です。また、近年ではアレルギーにも関わっているのではないかという説も出てきておりますが、未だに明確な原因はわかっていないのが現状です。

子宮内膜症の症状について

子宮内膜症の代表的な症状は月経痛です。月経を起こす度に痛みが強くなります。鎮痛剤が効かない、生理が来るたびに寝込んでしまうといった方は要注意です。主な症状は下記のとおりです。

  • 激しい月経痛
  • 過多月経(月経の血の量が多い)
  • 下腹部の痛み
  • 腰痛や股関節痛
  • 排尿・排便時の痛み
  • 性交時の痛み

上記のように様々な症状が起こります。いつもより生理痛が強いと感じたり、上記の項目に該当するものがあれば、一度医院で診察してもらいましょう。

チョコレートのう腫

子宮内膜症の症状の一つにチョコレートのう腫と呼ばれるものがあります。子宮内膜が卵巣でできてしまい、月経時に出血するたびに、卵巣にたまってしまっている状態をチョコレートのう腫と言います。血液が変色してチョコレートのように見えることから名前がつきました。特に40代になると癌化するリスクも高くなりますので、早めの治療を行いましょう。一般的には手術が必要とされます。

子宮内膜症の治療について

子宮内膜症の治療には主に薬物療法と手術療法の2種類があります。

薬物療法

   
偽妊娠療法 薬の効果で擬似的に妊娠状態にします。そうすることでエストロゲンという女性ホルモンの分泌を抑え、月経を止める方法です。副作用はあまり出ませんが、効果が弱く、治療期間も長くなります。
偽閉経療法 薬の効果で擬似的に閉経様態にします。こちらもエストロゲンの分泌を抑え、月経を抑えます。しかし、強制的に閉経状態にするので、偽妊娠療法とは異なり、更年期障害のような症状が現れる副作用が出ることもあります。

手術療法

手法 内容 日帰り
腹腔鏡手術 お腹に数ヵ所小さな穴をあけ、そこから内視鏡を挿入し、病巣部を取り除きます。チョコレートのう腫の摘出も可能です。特に今後妊娠を希望する場合や、不妊治療を目的とする場合は望ましい手術法です。 可能
開腹手術 お腹を切開して行う手術です。病巣が大きく、組織の一部だけでなく、すべて切除する必要性がある場合に適応されます。なお子宮を全摘出した場合は妊娠が望めなくなります。 不可

治療・手術の流れ

1初診

問診・診察・内診を行います。自覚症状はきちんと伝えましょう。

2検査

血液検査、超音波検査、CT検査、腹腔鏡検査等を行います。腹腔鏡検査を行う場合は、同時に治療も行うことができます。

3検査結果の説明・治療方針決定

検査結果と今の病状について説明を聞きます。その後どのように治療していくかを決めていきます。

4治療・手術

薬物療法の場合は治療期間が長くなります。定期的に通院しましょう。手術は日帰りか入院かは内容によって異なりますので、事前に確認を行いましょう。

5術後

日帰り手術の場合、休憩をした後、手術の結果の説明を受けてご帰宅いただけます。入院する場合はそのまま入院をとり大事をとりましょう。

6再診・退院

手術して数日後、もしくは退院後、術後の経過を観察します。

治療費について

子宮内膜症の治療は保険の適応がされます。

治療法 保険適用 治療費(3割負担) 入院する場合(3割負担)
腹腔鏡手術 約10万円 約15~20万円
開腹手術 約10万円 約25~30万円

※腹腔鏡手術の場合は入院期間が約3~6日、開腹手術の場合は2~3週間ほどかかります。

医療費控除

子宮内膜症の手術を行った場合、高額療養費制度の対象になります。申請することで自己負担額の限度を超えた差額分が戻ってきます。

任意保険の手術給付金について

任意の保険会社により詳細は異なりますので、手術を受ける際は事前に給付金が受け取れるか確認しましょう。