シャント手術について

シャントとは

シャント手術

腎臓機能が低下した状態を腎不全と言います。腎不全になると、血液のろ過ができない、老廃物がたまってしまう、電解質バランスが保てなくなるなど、様々な障害が起こります。このように腎臓が機能していない場合、行われる治療が人工透析です。

この人工透析を行ううえで必要なことが、シャントです。
シャントとは、静脈と動脈につなぎ合わせ、動脈に流れる血液を直接静脈に流すようにする手術です。人工透析を行うには毎分約200mlの血液を循環させる必要がありますが、腎不全の場合は、静脈に十分な血液量がないため、シャント手術を行う必要があります。

血栓ができてつまったり、シャントが閉じてきてしまうこともあります。そうなると透析に支障が出てきてしまうので、定期的な検査も必要です。

シャント手術について

外シャント

外シャントは動脈と静脈にカテーテルという管を入れて、身体の外側でつなぐことから外シャントと呼ばれます。外シャントは透析時の痛みが少ないとされていますが、血管がむき出しになっているために感染リスクが高くなります。現在ではあまり行われていません。

内シャント(自己血管の場合:AVF)

皮膚の下で静脈と動脈を直接つなげます。基本的に内シャントはできるだけ手首に近い位置でつなげるのが良いとされています。理由はあまり腕の中枢付近でシャントを作成した場合、穿刺する箇所が限られてしまうこと、またシャントが閉塞してしまった場合、再びシャントを作成するのが難しくなるためです。血管の吻合(ふんごう)には、静脈を結紮し、切断した静脈の端を動脈に吻合する端側吻合と静脈の側面と動脈の側面を吻合する側側吻合の2種類があります。

内シャント(人工血管の場合:AVG)

静脈が☆場合や、静脈と動脈の位置関係が悪い場合など、自身の血管でシャントが作れないことがあります。そのような場合は、人工血管を用いてシャントを作ることが可能です。自己血管に比べ血栓ができやすく、また感染症のリスクも高くなります。

シャントにおけるトラブル

  1. 狭窄
    狭窄とは血管が細くなることを言います。狭窄が起こると、シャントの流れが悪くなり、透析ができなくなってしまう場合はシャントを拡張します。
  2. 閉塞
    血栓などにより、シャントが詰まってしまった状態です。詰まってしまうと血液は流れなくなります。この場合もシャントを拡張し改善します。
  3. 感染
    外シャントや人工血管の場合、感染のリスクが高まります。感染する場合は穿刺するときがほとんどです。感染を起こすと、穿刺部が赤く腫れたり、シャントに痛みがあったり、熱を感じることがあります。また感染を放置しておくと、血管内に細菌が感染し、敗血症をきたす恐れもありますので、早めに改善しましょう。

  4. シャント静脈に、瘤が形成されます。瘤には2種類あり、穿刺部にできる穿刺部瘤とシャント吻合部にできる吻合部瘤です。ある程度の大きさなら放っておいても問題はないとされていますが、徐々に大きくなったり、変色したり、痛みが伴う場合などは破裂する恐れがあるので、手術を行い瘤を取り除きます。
  5. スチール症候群
    シャントを作った側の手の血圧が低下し、冷たく感じたり、痛みや痺れを伴います。悪化すると手指が壊死する恐れがあります。シャント作成後すぐに症状が出ることも多いです。静脈血がシャントに奪われてしまうことから、この名が付きました。
  6. 静脈高血圧
    静脈の圧が高まり生じる症状です。シャントが狭窄や閉塞すると、シャントが心臓の方に流れず、逆流を起こし、うっ血してしまいます。シャントを拡張することで症状が改善することがほとんどです。

シャントPTA(経皮的血管形成術)とは

シャントPTAとは、血管を拡張するための方法です。先端にバルーン(風船)のついたカテーテルという細い管を、シャント内に挿入します。そこでバルーンを膨らませ、狭窄や閉塞してしまったシャント静脈を拡張します。局所麻酔を使って行い、所要時間は1時間ほどです。

治療・手術の流れ

1検査

超音波で動脈と静脈の状態を確認します。

2検査結果の説明

検査結果をもとに手術に関する説明を受けます

3手術

局所麻酔を行い、手術をします。所要時間は1時間程度です。

4術後

1時間ほど休憩をし、その後シャント音を確認します。入院する場合はそのまま入院となります。

5透析治療開始

透析治療が行えるのは、シャント手術を受けて約2週間後からです。

シャント手術の治療費について

シャント手術は健康保険が適用されます。

治療法 保険適用 治療費(3割負担) 入院する場合(3割負担)
シャント手術 約5~6万円 約10万円前後

医療費控除

シャント手術を受け、1月から12月の間に本人、及びご家族が支払った医療費が10万円以上になる場合は、確定申告にて超過分が受け取れます。

任意保険の手術給付金について

保険会社により給付金を受け取れることもあります。詳細は保険会社にご確認ください。