いその眼科

総合5.0 【1件の口コミ】

対応疾患 白内障
電話番号 0279-60-6677
診療時間 8:50~12:30/14:45~18:00
◆手術日
水曜日
休診日: 土曜午後,日曜日
住所 〒377-0008 群馬県 渋川市 渋川2077-26 (地図
特徴
  • 遠方対応可能
  • 専門医
  • 1000症例以上
  • 駐車場
  • 土曜診療

白内障の日帰り手術、治療について

白内障とは

白内障とは、眼球内にある水晶体(レンズの役割をする部分)が加齢などが原因により、徐々に白く濁ってくる病気です。この病気にかかることで、光が正常に眼底まで届かなくなり、視力が下がったり視界の異常により物が見えにくくなります。

白内障の症状について
  • 視界が全体的に霞んで見える
  • 視力低下
  • 弱い光でもまぶしく感じる
  • 物が二重に見える
  • 視界が白っぽく見える

などの症状があります。

白内障の原因について
老人性白内障

加齢とともに、日常生活により発生する酸化ストレスの影響で水晶体に含まれるタンパク質が徐々に白く濁ってきます。老人性白内障が白内障にかかる方の中で最も多く、40歳代から徐々に増え始め、80代ではほとんどの方が発症すると言われています。

外傷性白内障

眼に対して強い衝撃や外傷などの外部的要因により発症する白内障です。

若年性白内障

ぶどう膜炎や網膜剥離などの眼の疾患をはじめ、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの全身疾患などが原因となる場合があります。また、治療に使用するステロイド剤の副作用によって白内障を発症するケースもあります。この若年性白内障は年齢にかかわらず発症する恐れがある白内障です。

先天性白内障

生まれつき水晶体が白く濁っている白内障のことをいいます。また、成長に伴い青年期までに症状が現れる白内障を「発達性白内障」と呼びます。

白内障の検査について

いその眼科で行っている白内障の検査は下記の通りです。

  • 視力・眼圧・屈折検査
  • 眼底検査

網膜の状態を確認する検査で、白内障以外の病気がないかどうかを調べます。

  • 細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

水晶体の状態を詳しく把握する検査で、眼球内の異常や病変の有無を調べます。

  • 角膜内皮細胞検査

角膜の内皮細胞が少ないかどうかで手術方法や薬の使い方が変わってくるため、減少していないかを調べる検査です。

  • 眼軸長検査

濁った水晶体の代わりに挿入する眼内レンズの度数を決めるための検査です。

  • 問診、血圧検査など

※症状が進行しているとより詳しい検査が必要な場合もあります。

白内障の治療方法について

白内障の治療には、白く濁った水晶体を改善する必要がありますが、現在の医療においてはまだ薬だけで水晶体の白い濁りを元通りにすることができません。完治させるには必ず手術が必要です。
初期の軽度な症状の場合は、進行抑制のための薬物療法を行います。白内障を受けるタイミングは医師との相談の上、症状が進行する前に受けていただくことをお勧めします。

薬物療法について

薬物療法の治療目的は、完治させることでなく症状の進行を抑制するために行います。初期の軽度な症状のため日常生活に支障が出ていない方や、他の病気や身体の状態が理由ですぐに手術を受けることのできない方が対象となります。対象となる薬物は点眼薬や内服薬があります。

白内障手術について

国内において、約4,000万人の方が白内障であるといわれており、白内障手術を受けた方は年間で約140万人の方が受けているとされています。白内障は、世界での失明原因ではトップとされている病気ですが、国内における白内障の手術方法は確立されているため、安心して手術を受けていただけます。いその眼科では白内障の日帰り手術に対応しております。手術は約10分で済み、点眼麻酔を使用するので痛みはほとんどありません。

手術方法は、下記の図を参照ください。

当院の白内障手術の特徴

1.今まで数々の眼科手術を執刀してきた医師が手術を担当
担当させて頂く医師は累計眼科手術件数8,700件以上にものぼり、傷口は小さく抑え、患者様の負担を軽減した手術を実施いたします。

2.先進医療の施設認定
当院は、厚生労働省より先進医療の施設認定を受けているため、先進医療特約に加入されている方は、多焦点眼内レンズの手術を受ける場合、給付金を受け取ることができます。

3.眼内レンズの種類が豊富
患者様の視力の状態(遠視、近視、乱視)に適した眼内レンズをご提案致します。また、遠視と近視の両方に対応できる多焦点眼内レンズを入れることも可能です。

4.白内障手術を日帰りで受けられます
日帰り手術を受けるメリットとして

  • 入院のための準備が必要ない
  • その日のうちにご帰宅いただけるため早期社会復帰が可能です
  • 入院にかかる費用の心配がないため経済的

5.最新医療設備
白内障手術を日帰りで行うため、最新医療設備を完備しております。

手術後の見え方について

白内障の治療において、術後の見え方が最も重要だとされております。術前にしっかりと検査を行い、患者様の送られている日常生活に適した眼内レンズを詳しくご説明させていただきます。挿入する眼内レンズによって術後の見え方が左右されるため、不明点や不安な点はお気軽にお申し付けください。

【レンズの種類】

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズとは、遠くか近くのどちらかにピントを合わせるための眼内レンズです。遠くが良く見えるレンズにすると、術後は近くを見る際に近用眼鏡が必要になり、近くが良く見えるレンズにすると、術後は遠くを見る際に遠用眼鏡が必要になります。乱視の患者様には、乱視を改善する眼内レンズも用意しており、単焦点眼内レンズを使用する手術は健康保険適用となります。

多焦点眼内レンズ(先進医療 白内障手術)

単焦点眼内レンズのように遠くか近くのどちらかしかピントが合わせられないのに対し、多焦点眼内レンズは遠くも近くもピントを合わせることができる眼内レンズです。術後はコンタクトレンズや眼鏡を使用する必要がなくなるため、快適な生活を送ることができます。また、乱視がひどい患者様には乱視に対応の多焦点眼内レンズもご用意しております。ただし、多焦点眼内レンズを使用した手術は健康保険適用外となります。

先進医療認定施設

いその眼科は、厚生労働省より先進医療の施設認定を受けている医療機関です。全国の先進医療認定施設は346施設、群馬県では5施設となっており、渋川市内においては当院のみとなっております。

白内障の手術費用について

白内障の手術(単焦点眼内レンズ使用の場合)は保険適用となります。
手術費用(片目)は、
1割負担の方:約12,000円~18,000円
2割負担の方:約24,000円~36,000円
3割負担の方:約36,000円~54,000円
※患者様の症状によって手術方法が異なる場合があります。費用は目安としてご確認ください。

高齢者(70歳以上)の方の自己負担額について

高齢者の患者様に負担いただく上限は、従来の医療機関毎ではなく、患者様毎(複数医療機関合算)の上限とします。超過分は、各患者様から申請していただくことで、償還されます。

高齢者(70歳以上) 窓口負担 外来自己負担上限
<高齢者>
夫婦世帯で年収520万円以上、
単身世帯で年収383万円以上
3割 44,400円/月
<一般> 1割 12,000円/月
<住民税非課税者> 1割 8,000円/月

上記費用には診察・検査・手術費用などが含まれています。

手術後の診察と日常生活について

【手術後の診察】

手術後~1週間後

手術を受けて頂いた翌日、術後2〜3日目後、術後1〜2週間後に状態を確認するため通院していただきます。

※翌日と2~3日後の診察の際は、運手を控えてください。

※早めの眼鏡処方を希望される方は、ご相談ください。

 

よくある質問はこちらよりご覧ください

 

1ヵ月後

眼鏡処方など経過観察いたします。

3ヶ月後

診察を行い、経過観測いたします。

6ヶ月後

診察を行い、経過観測いたします。

1年後

診察を行い、終了となります。

点眼について

術後に点眼する際の量・回数についてはご説明いたしますので、決められた通りにご使用ください。患者様のご判断で量や回数を増減させないようご注意ください。

【日常生活】

洗顔・洗髪・化粧について

術後1週間程度は洗顔・洗髪・化粧は控えるようにしてください。水やシャンプーなどが目に入ると非常に危険です。

入浴について

入浴をされる場合は、術日の翌日から眼に水が入らないようにご注意いただければ可能です。

飲酒、タバコについて

術後1週間程度は飲酒・タバコは我慢してください。

仕事、運動、旅行について

旅行・出張等は2週間程度控えるようにしてください。運動も極力控えてください。旅行・出張や運動などができるタイミングは経過観察する上で状況を見て指示を出します。