いまいずみクリニック

総合5.0 【1件の口コミ】

対応疾患 下肢静脈瘤
電話番号 050-5282-3817
診療時間 月・火・木・金
9:00~12:00/16:00~19:00
水・土
9:00~12:00
休診日: 水曜午後,土曜午後,日曜日,祝日
住所 〒502-0847 岐阜県 岐阜市 早田栄町4丁目23番地 (地図
特徴
  • 遠方対応可能
  • 専門医
  • クレジットカード
  • 駐車場
  • 土曜診療

下肢静脈瘤の治療・日帰り手術

下肢静脈瘤の治療について

◆下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、文字通り足の静脈に瘤のようなものができてしまう足の病気のことです。血管は、心臓から血を送る経路の動脈と、心臓に血が戻るための経路の静脈があります。静脈には逆流防止弁があり、血液の逆流を防ぎます。しかしこの弁が壊れてしまうと、血液に逆流が起こり、足の血管に血液がたまってしまい、瘤のように膨らんでしまうのです。命に関わるような大きな病気ではありませんが、日常生活に支障をきたしかねないので、早めに治療を心がけましょう。

◆下肢静脈瘤になりやすい原因

下肢静脈瘤には、なりやすい人には特徴があります。いくつかご紹介いたします。

  • 男性よりも女性がなりやすい
  • 高齢者がかかりやすい
  • 妊娠・出産を経験した人がなりやすい
  • 販売員や美容師、調理師など立ち仕事に従事している人
  • 遺伝的要因(親族に下肢静脈瘤の方がいる)

 

などがあげられます。

◆主な下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は主に以下のような症状が現れます。気になる方は早めにご相談ください。

  • 足がだるい、むくむ、重たい
  • 足の血管が浮き出ている
  • 寝ているときに足がよくつる(こむら返り)
  • 足がかゆい、痛い
  • 足の皮膚から出血する
  • 足の皮膚が変色している
  • 足に潰瘍ができている

 

◆下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤は大きく4種類に分類されます。

伏在静脈瘤 側枝静脈瘤 網目静脈瘤 クモの巣静脈瘤
下肢静脈瘤の中で最も多く見られます。血管が蛇行したようにぼこぼこと浮かび上がります。 伏在静脈の枝分かれした細い血管が浮き出ている状態です。膝より下に出来やすいです。 2~3mmほどの城麻薬が青色になり網目状に広がっている状態です。 皮膚の下の直径1mm以下の静脈がクモの巣のように拡張した状態です。
◆岐阜県で初のレーザー治療が受けられるクリニック

いまいずみクリニックは岐阜県で初めて保険内レーザーで日帰り手術が行えるクリニックです。このレーザー治療には、ELVeS1470nmレーザーという最新のレーザー機器を使っていますが、もともとは保険の適応はできず、自費診療として行われておりました。しかし2011年より保険治療が可能となり、これまでに比べて費用も安く治療が受けられるようになりました。保険内で治療が提供するには、国から認可されたレーザーを使用しており、なおかつ学会より医師・施設が認定されていることが必須になります。もちろん、当院はその基準を満たしたうえで治療を行っていますので、安心してご来院ください。

治療法

レーザー治療のいいところは、切開を行わずに治療が行えることです。針を膝の内側から刺し、そこから細いレーザーの管を挿入し、足の付け根近くまで通します。そこからレーザーを照射させながら引き抜き、静脈をふさぐという手法です。血管を引き抜くストリッピング手術に比べて、痛みも少なく出血も少ないです。

◆その他下肢静脈瘤の治療法
ストリッピング手術

古くより行われている根治的手術の一つで、現在でも多く行われています。皮膚を切開し、弁が破壊された静脈瘤を引き抜く手術です。基本的に日帰りで行えますが、場合によっては入院が必要になることもあります。

高位結紮術

足の付け根を2~3cmほど切開し、弁が壊れてしまった伏在静脈を縛り、逆流を止める手法です。局所麻酔を使って行い、硬化療法と併用することもあります。

硬化療法

静脈瘤に対して、直接注射をし、硬化剤を注入します。そうすることで血管が固まり、半年ほどで瘤は消えます。外来で簡単に治療は受けられますが、ただし再発率は高めです。

弾性ストッキング

ストッキングを着用することで、血管を圧迫し、症状を抑えます。しかしこれはあくまで症状の抑制や改善に使うもので、治療ではないので、根治的治療を目指すのであれば手術が必要です。

◆下肢静脈瘤のQ&A

Q1下肢静脈瘤は治療が必要ですか?

A1下肢静脈瘤は自然治癒することはない病気です。なので治したいのであれば手術を行う必要があります。逆に放置して悪化してしまうと、潰瘍ができたり、変色したり、出血が起こるので、早めの治療をお勧めします。

Q2手術に保険は使えますか?

A1当院での行っている手術は全て健康保険の適応となります。美容外科などでは、レーザー治療を自費診療で行っているところもありますが、保険を使うことで片足約4万円ほどで治療が可能で、費用の負担も軽くなります。

Q3入院は必要ですか?

A3当院で行っている手術は基本的に全て日帰りで行っております。そのため、入院の必要はございません。万が一入院が必要な症例の場合は、提携病院をご紹介いたします。

Q4手術時間はどれくらいですか?

A4手術内容によって時間に差はありますが、硬化療法であれば10分前後、レーザー治療で30分前後、ストリッピング治療で1時間前後が目安です。