2017.02.08

耳の奥が痛い、聞こえづらい、頭痛も…実は病気のサインかも?

この記事の監修ドクター

監修ドクター
たてもと耳鼻咽喉科クリニック
立本 圭吾 医師

京都府京都市東山区三条大橋東入ル大橋町94 三条鈴木ビル5F

075-752-3387

http://www.tatemoto.jp/

詳しく見る

耳痛い

耳に痛みを感じるのは、飛行機やエレベーターの上昇や下降といった気圧の急激な変化や、中耳炎になった時だけとは限りません。
強い痛みがあれば病院に行く方がほとんどだと思いますが、思い出したように痛みが出る程度でも深刻な病気の症状の可能性があります。
ここでは、耳の痛みが症状として現れる原因や考えらえれる病気、対処法、検査と治療、予防までをご紹介します。



耳が痛い ~こんな症状ではありませんか?~

時々耳に痛みがあり、音がくぐもって聞こえる
耳掃除などの時に痛みがある
耳の痛みとともに、かゆみがある
耳だれが出る
顎を動かしたり、飲み込む時に耳が痛い
痛みがひどくなったり、おさまったりする
ヘッドホンやイヤホンなどを使っていると耳が痛くなることがある
首や肩のこり、頭痛などとともに耳も痛くなる
飛行機に乗ったり、列車がトンネルに入ると耳が痛くなり、痛みがなかなか引かない
音が詰まったような感じに聞こえる

慢性的な耳の痛み、耳だれをともなう場合、そして激しい痛みがあるようでしたら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
また、耳の痛みだけでなく、強い頭痛、めまい、吐き気、嘔吐といった症状もあるようでしたら、脳がダメージを受けている可能性があるため、夜間であってもできるだけ早く受診してください。

 

一時的に耳の痛みがあってそれが解消し、その後、耳が聞こえにくくなったり、物音がくぐもって聞こえたり、耳が詰まっているように感じたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。
中耳炎などではこうした症状が起こる場合があり、痛みがいったん解消するのは治りにくい中耳炎である可能性が高いのです。


なお、耳から水分が出る耳だれは、経験がないととても怖い症状のように感じると思いますが、内部に炎症がある場合、耳だれがある方が治りやすい可能性もあります。

耳の外に出てきた水分だけをやさしく拭き、診察の際に「サラサラ・ベタベタ」「透明・黄色っぽい」「量」など出てきた耳だれの様子を医師に伝えましょう。

耳が痛い時に考えられる原因と可能性のある病気

一時的な痛みだけの場合、気圧の変化などで起こることもありますが、痛みが続いたり、ほかの症状をともなっていたら病気が原因となっている可能性があります。

外耳炎

外耳

外耳は鼓膜より手前の部分です。耳掃除などで外耳の皮膚に傷が付き、そこが炎症を起こすことで痛みが起こります。
耳の中の皮膚は傷付きやすいので、頻繁に耳掃除行ったり、強く皮膚を押すと細かい傷が付いてしまいます。

はじめは軽い痛みやかゆみがあるだけですが、そのまま放置すると悪化して激しい痛みや膿のようなものが出る耳だれが起こることもあります。眠ることもできないほど痛みが強くなることもよくあります。耳の中でカビが繁殖する真菌症になるケースもあります。

ヘッドホンやイヤホンをいつも使っていると、通気が悪くなって細菌が繁殖しやすい環境になり、炎症を起こすリスクが高まります。
また、イヤホンの場合、耳の穴にこすれて傷付くことも考えられ、よりリスクが高いと言えます。

さらに、糖尿病の場合、外耳炎になると治りにくいため特に注意が必要です。

中耳炎

中耳

中耳は鼓膜より奥の部分で、耳管と呼ばれる管で鼻の奥や喉とつながっています。
そのため風邪が原因となって耳管が細菌に感染し、中耳炎が起こるケースが多くなっています。

ほかには、強く鼻をかむこと、スキューバダイビングや水泳、飛行機などで起こる気圧の変化、体調不良などが引き金となって中耳炎が起こる場合があります。
痛みが強くても数日で治まる場合もありますが、きちんと治さないと手術が必要になることもあります。
こうした中耳炎は急性のものですが、中耳炎が治りきっていなかったり、繰り返し罹患したり、鼓膜に穴が開いたままになっていると慢性中耳炎になる可能性があります。
また、耳の構造が中耳炎になりやすいと慢性中耳炎になるリスクも高まります。

慢性中耳炎は痛みの症状がほとんどないまま進行し、かなり症状が悪化してから急に大きな痛みに襲われるケースがよくあります。
中耳炎は耳の中の構造により子どもの方がなりやすいのですが、逆に大人がかかると症状がひどくなる傾向があり、治るのにも時間がかかります。特に聞こえにくさの回復に時間がかかります。
なお、耳の穴に水が入ると中耳炎になると誤解されている方がいますが、耳に入った水が原因となって中耳炎になることはありません。

リンパ節炎

風邪やインフルエンザなどにかかると、多数の免疫細胞があるリンパ節は活発に働いて細菌やウイルスが広がるのを防ぎます。働きが高まることでリンパ節が腫れて痛みが出ることがあり、耳の近くのリンパ節の腫れや痛みを耳の痛みとして感じることがあります。

耳管狭窄症

鼓膜より奥にあり、鼻やのどとつながっている耳管が閉じてしまうことで痛みや耳鳴りといった症状が現れます。
気圧の変化により耳管が開閉して中耳と外耳の気圧差を調整していますが、急激に気圧が変化したり、鼻やのどの炎症によって耳管が閉じたままになってしまうのが原因ではないかと言われています。

後頭神経痛

後頭部の皮膚にある神経に痛みを生じるもので、頭痛や耳鳴りなどをともなう場合が多く、肩こりやめまいなども生じることがあります。疲れやストレスなどが原因になっていると言われています。

咽頭炎

咽頭炎はのどの炎症で、風邪の症状が悪化してなることもあります。
そのため、喉頭炎の症状として耳が痛くなる場合と、中耳炎を併発している場合が考えられます。
咽頭炎の症状で耳の痛みが起こるのは、脳から耳やのどなどに分布している迷走神経によるものです。

耳性帯状疱疹

帯状疱疹は、幼いときにかかった水ぼうそうのウイルスが身体の中に残っていて、疲れやストレスなど免疫力が低下すると活動をはじめる病気です。耳性帯状疱疹は耳を中心にできる帯状疱疹です。
難聴や顔面神経麻痺につながることもあり、痛みなどの後遺症が残る場合もあります。

おたふくかぜ

医学的な名称では流行性耳下腺炎と呼ばれており、唾液を分泌する耳下腺が腫れるため、耳の痛みが起こります。
3日以上発熱が続く場合には髄膜炎を合併している可能性もあるため、すぐに受診してください。

顎関節症

顎関節

あごを動かすと音が鳴ったり、痛みがある病気ですが、初期症状で耳の奥の痛みとして感じる場合もあります。
ひどくなると口を開けることもままならなくなるため、早めに診てもらうようにしましょう。

航空性中耳炎

飛行機の上昇や下降による急激な気圧変化に対応できず起こる中耳炎です。耳の痛み、聞こえにくさなどの症状があります。耳の機能障害が原因になっている場合もありますが、風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって耳管の機能が悪化して起こるケースが多くなっています。耳抜きがうまくできると、搭乗中の圧力差を解消しやすくなります。


耳が痛い時の対処法

耳に痛みがあったら、中耳炎など炎症が起きている可能性があります。
炎症は早めに適切な治療を行えば簡単な処置や薬の服用で治すことができますが、治療が遅れると手術が必要になる場合や、めまい、難聴、顔面神経麻痺、髄膜炎などが起こる可能性もありますいったん痛みがおさまっても静かに進行している可能性もあるので、早めに耳鼻咽喉科で診療を受けましょう。

耳を触らないようにしましょう

指で触れたり、綿棒などで耳の穴の中を探ったりするのはやめましょう。

耳の下を冷やす

炎症が起きている場合、冷たいタオルなどを耳の後ろから下の部分に当てて冷やすと痛みが少し和らぎます。
タオルを押し付けるのではなく、そっと当てるようにしてください。
また、耳の穴に水などが入らないよう、気をつけてください。

耳抜きを覚えましょう

飛行機や列車などで起こる内耳と外耳の気圧差による耳の痛みは、耳抜きをすることでかなり解消できます。
ただし、耳抜きが苦手な方が鼻をつまんでやってみたり、普段耳抜きができる方がうまくできない時に無理に行おうとするのも危険です。耳鼻咽喉科では安全に耳抜きをする方法の指導を受けることができます。
習得までに時間がかかる場合もあるので、飛行機に乗る予定がある時は早めに相談しましょう。

耳だれがあったら

耳だれが出た場合、耳の穴を拭くのではなく、表に出てきた分だけを拭きとってください。
また、サラサラ、ベタベタなど耳だれの見た目や出た量を覚えておいて、受診の際に医師に伝えましょう。

ダイビング時に耳の痛みがあったら

ダイビング

普段は耳抜きができている方でも、鼻炎や中耳炎などの影響で耳管が詰まって耳抜きがうまくできなくなる時があります。
そのままダイビングを続けるのは危険ですので、鼻炎や中耳炎になっていないか検査を受け、治療を受けましょう。

子どもの耳の痛みについて

幼い子どもの場合、自分で「耳が痛い」と伝えることができません。子どもはとても中耳炎になりやすく、見逃していると慢性化する可能性もあります。
頭や顔に触れられるのをいやがったり、頭を傾けていたり、音が聞こえにくいのではと感じられたら耳鼻咽喉科に相談してみましょう。

風邪をきっかけに中耳炎になるケースがとても多いので、風邪をひいた時には特に注意してあげましょう。
また、滲出性中耳炎では痛みがありませんので、音が聞こえにくい様子がないか観察するのはとても重要になります。

テレビの音量を上げるようになったり、大きな声で呼びかけないと返事をしないなどがあったらすぐに受診してください。
聞こえ方に問題があると発育にも悪影響を及ぼしますし、滲出性中耳炎を放置するとより治りにくい真珠腫や癒着性中耳炎に進行する可能性があります。


耳が痛い時の検査と治療

耳の痛みを症状とする病気はいくつかあり、原因によって治療法も異なりますので、まずは痛みを起こしている原因を調べて、それに合わせた治療を行うことになります。

風邪をひいて中耳炎になるケースが多いのですが、耳の検査を正確に行うためには特殊な機器や器具を使い、そして防音室で検査を使う必要がありますので、風邪で内科に通って治療を受けていても、耳の痛みがあったら必ず耳鼻咽喉科も受診しましょう。

耳の痛みがある時の検査

耳鏡という器具を使って、外耳や鼓膜の状態を肉眼で確認します。
その後、顕微鏡や電子スコープを用いて詳細に観察します。

中耳炎が疑われる場合には、ティンパノメトリィという検査を行います。
これは鼓膜に音が当たった時の振動を測定する検査です。
骨の状態を調べるために聴器レントゲン検査を行うこともあります。

耳だれがある場合にはより効果の高い抗菌剤を用いるために、耳漏培養検査を行って感染した細菌の種類を調べます。
また、鼓室内にある液体を採取して、好酸球という細胞の量を調べる耳漏中好酸球検査を行うこともあります。

慢性中耳炎の場合、最近は一般的な抗生物質が効きにくい細菌によるものも増えています。
細菌検査で適切な抗生物質を判断し、根気よく治療しないと真珠腫となって周囲の骨を溶かしながら広がっていく危険性もあります。

まずは痛みの症状を和らげることを優先しますが、耳の痛みだけでなく聞こえにくさなどについても検査を行います。
難聴の有無や程度を検査する標準純音聴力検査では、空気を伝わる気導という音と、頭蓋骨を伝わる骨導という音を測定します。

難聴があるようでしたら、語音聴力検査で言葉の聞き取りやすさを検査します。

めまいの症状をともなっている場合には、平衡機能検査で眼振の有無やパターンを調べる検査も行います。

治療方法

外耳炎

一般的な抗生物質が効きにくい細菌によるものが増えているため、細菌検査を行って適した抗生物質や点耳薬を用いた治療を行います。点耳薬は耳にさす薬です。カビの繁殖による外耳炎の場合には、真菌に適した薬剤を用います。

外耳炎は、耳かきによって再発することがとても多いので、耳掃除の際には綿棒などでやさしく行うようにして、掃除の頻度も週1度程度に抑えます。
自分で加減がわからない場合や幼い子どもの場合、治療やその後の検診時に耳掃除をしてもらうと安心です。

中耳炎

急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎に大きく分けられます。

急性中耳炎

耳と鼻をつなぐ管である耳管を通った細菌が鼓膜の奥で炎症を起こしています。
細菌検査を行って効果的な抗生物質の内服や点耳薬を使うのが基本的な治療になります。
医師が指示した期間、きちんと薬を服用しないと、症状が一時的におさまっても残った細菌が抗生物質に抵抗力をつけて悪化するケースがよくありますので注意しましょう。

急性中耳炎では、発熱や強い痛みなどの症状が起こる場合があり、その際には鼓膜の切開を行って膿を出すこともあります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥にある中耳に滲出液がたまってしまう病気です。
蓄膿症やアレルギー性鼻炎などに併発するケースが多く、初期症状では痛みがなく、聞こえにくさを感じることがほとんどです。

内服薬や処置を行うほか、鼻水の量が多いと治りにくいため、鼻の病気の治療も同時に行います。
それでも効果がみられない場合には、鼓膜の切開や、チューブの留置などで、中耳にいつも空気が入るようにする手術が必要になります。
滲出性中耳炎は、やがて慢性中耳炎に進行して、より治りにくくなってしまうため注意が必要です。

慢性中耳炎

慢性化膿性中耳炎と真珠腫があり、難聴や耳だれの症状が起こります。
慢性化膿性中耳炎は鼓膜に穴が開いて耳だれが出てくるもので、真珠腫は耳の周囲の骨を溶かしていきます。

痛みがほとんどないまま進行していることもあるので注意が必要です。
放置していると、めまいや顔面神経麻痺、髄膜炎を起こす可能性もあります。
基本的な治療は細菌検査で適切な抗生物質を調べ、その服用と点耳薬ですが、耳だれがある場合には鼓膜の奥まで乾いた状態を保つための処置を行います。

難聴や進行の程度をしっかり検査して、手術を行う場合もあります。
特に真珠腫では、骨がどこまで溶けているかを正確に調べる必要があるので、CTなどを使った検査も行います。

耳性帯状疱疹

子どもの頃にかかったみずぼうそうのウイルスが神経節にひそかに住み付き、それがなんらかのきっかけで活性化することで紅班をともなう小水疱が出現する帯状疱疹の中でも、耳介や外耳道に水疱が生じるものを耳性帯状疱疹といいます。

水疱性発疹を確認することで容易に診断できますが、血清抗体価の測定やウイルス抗原の検出により確定診断を行う場合もあります。違和感や鈍い痛みからはじまり、水疱が現れ、顔面神経麻痺や難聴、めまいなどの症状が現れ、耳の痛みや飲み込んだ時に強い痛みが現れることがあります。

水疱が治ってから、この激しい痛みが後遺症として残る場合もあります。治療では、抗ウイルス薬を使った治療が基本です。顔面神経麻痺がる場合、炎症や浮腫を抑えるためのステロイド薬を使う場合もあります。
また、痛みがとても強くなるケースがあるので、消炎鎮痛剤だけでなく神経節遮断などのペインコントロールも重要になってきます。

また、顔面神経麻痺がある場合、後遺症としてわずかにですが麻痺や引きつれなどが残る場合もありますので、水疱に気付いたら早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

耳管狭窄症

鼻と耳をつなぐ耳管は、普段閉じていますが、気圧が変化すると開いて内耳と外耳の気圧差を解消します。
飛行機やエレベーターなどで耳が詰まった感じがした時に、耳抜きをしたり、ツバを飲み込んだり、あくびをすると耳の詰まりが解消しますが、これはそうした動作により耳管が開いているのです。

なんらかの理由で耳管が閉じたままになる耳管狭窄症は、風邪や蓄膿症、アレルギー性鼻炎などにともなって起こることが多いので、鼻の治療が重要になってきます。耳管の鼻側にある入口がアデノイドや腫瘍などでふさがっている場合もあるため、鼻の検査も行い、原因となっている病気の治療を行います。

炎症の度合いや症状によって抗生物質や消炎剤の治療も行いますが、可能な場合には耳管通気という治療も用います。なお、耳抜きがうまくできる方はなおりやすい傾向があります。
耳管狭窄症は聞こえが悪くなりますので、成長期の子どもにとって学習に影響が現れる可能性が高いため特に注意が必要です。聞こえが悪くなっているのはなかなか気付かれにくい症状ですから、気をつけてあげてください。

後頭神経痛

耳性帯状疱疹が原因になっている場合もあるので、皮疹などがあればそれを調べ、必要な場合は血液検査を行います。
耳性帯状疱疹によるものでなく、痛みがとても強い場合、一般的な鎮痛剤では効果がないので三叉神経に効く薬などを用います。ほとんどの場合、1週間程度で痛みはおさまっていきます。

咽頭炎

アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどによって起こるケースが多いのですが、後になって細菌感染を起こす場合もあります。ウイルスによるものであればのどの炎症を抑える薬を使って治療します。
細菌感染も起こしている場合には、抗生剤を処方します。
耳鼻咽喉科ではネブライザー治療が行えますので、よりすみずみまで薬を届け、症状を緩和させることができます。

おたふくかぜ

ウイルスによるものなので抗生物質は効果がなく、対症療法が基本です。合併症に無菌性髄膜炎や膵炎、難聴などがあります。飛沫感染や接触感染の感染力が非常に強いので、二次感染を起こさないよう注意してください。

顎関節症

歯のかみ合わせが原因になっていることも多く、歯の治療や専用のマウスピース装着で治るケースも多いので、歯科を受診します。程度が軽ければ治療のためのマッサージや体操などのメソッドを行うことで解消できる場合もあります。
ほかには、顎関節を包んでいる関節腔を注射によって洗浄する治療方法や、間接の癒着を解消する手術が行われることもあります。

航空性中耳炎

風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって耳管の機能が悪化して起こっている場合には、原因となっている病気の治療を行います。耳抜きがうまくできるようになれば解消する可能性が高いため、耳抜きの指導を行っている耳鼻咽喉科クリニックもあります。

鼻の病気が関係している場合

鼻炎や副鼻腔炎の場合、基本的に処置とネブライザーによる治療、内服薬や点鼻薬の処方を組み合せた治療を行い、必要に応じて手術を検討します。風邪やアレルギーによる強い鼻詰まりがある場合、耳鼻咽喉科では専用の機器や器具を使った治療が可能なので、症状の緩和に役立ちます。

幼い子どもの場合、アデノイドが原因になった鼻詰まりもよくあります。また、自分で鼻の中に何かを詰めてしまった結果、鼻水が多くなって耳鼻咽喉科で検査を受け、はじめて異物があることがわかるケースも珍しくありません。

子どもの耳管は短く、風邪などの鼻トラブルによって中耳炎になることが多くなっています。
様子を観察して、鼻水が続いたり、聞こえにくい様子があったら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。


耳の痛みの予防

耳の痛みは耳だけでなく、鼻の病気が原因になっていることもよくあります。
鼻詰まりをよく起こすようでしたら、治療を受けることをおすすめします。
また、外耳炎や中耳炎など耳の病気は再発しやすいため、1度こうした病気にかかったら繰り返さないよう注意しましょう。

痛みがなくなっても薬をきちんと服用

薬

痛みなどの症状がなくなったからと薬の服用をやめてしまうと、残った細菌が抗生物質に耐性をつけて治りにくくなってしまいます。医師が指示した通りに薬を飲みましょう。

風邪などの時、鼻を強くかまないように心がける

鼻を強くかむと耳管に細菌などが侵入しやすくなります。
風邪や花粉症などでは鼻水をかむ回数自体も多くなるため、特に強くかまないよう注意してください。

鼻の病気を治す

耳の痛みという症状は鼻の病気が大きく関わっている場合がよくあります。
また、耳は鼻とつながっているため、鼻水が多い方は中耳炎などになりやすく、再発しやすくなっています。
鼻に病気があればその治療も並行して行うことも検討しましょう。

耳を清潔に保つ

耳の清潔を保つにあたって一番重要なのは、イヤホンなど耳に直接触れるものをきれいに保つことです。
耳掃除はそれほど頻繁に行う必要はありませんので、綿棒などで軽く掃除する程度にとどめます。
外耳炎は耳かきなどによってついた傷に細菌が感染して起こる場合がほとんどです。
強く耳をかいたり、硬いもので耳掃除をするのはやめましょう。
耳掃除の際は、ソフトに、手前だけを掃除してください。

耳抜き練習

耳抜きがうまくできると耳管が詰まりにくくなるため、耳管狭窄症や中耳炎などのリスクが下がります。
ただし、自己流の耳抜き練習は、鼓膜を損傷したり、耳管などのトラブルにつながってしまう可能性が高いのでとても危険です。
耳抜きを習得するための指導を行っている耳鼻咽喉科に相談して、安全に練習を行う必要があります。

疲れやストレスをためず、健康な身体をキープ

疲れやストレスがたまると抵抗力が落ちて、それまでひそんでいた病気の症状が現れることが多いものです。
睡眠、食事、運動に気を配って健康な身体をキープして、疲れやストレスをうまく解消しましょう。
特に耳性帯状疱疹は疲れやストレスなどの影響により発症することが多い病気ですので、注意しましょう。

おたふくかぜ予防

おたふくかぜは予防接種で防ぐことができます。また、手洗いやうがい、アルコール消毒もある程度は有効です。

耳が痛い時のポイントまとめ

耳の痛みには、一時的なもの、長く続くもの、徐々に激しくなるものなど、さまざまなパターンがあります。
中耳炎などの場合、痛みの強さと病気の進行度合いが比例しないものもありますので、耳に痛みがあったら早めに受診しましょう。

 

中には痛みがいったんおさまってから病気が進行し続ける場合があるので、よくなったからと安心してしまわず、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。進行すると手術が必要になる場合もあります。

子どもの耳はその形状から中耳炎になりやすくなっています。自分で耳の痛みを訴えることができない幼い子どもの場合、耳や顔に触れられるのをいやがるなどに気づいたら、すぐに受診してください。

痛みがそれほど強くない場合聞こえにくさなどで判断します。

耳の痛みを引き起こすことが多い中耳炎は、風邪などの鼻炎症状によって起こることが多い病気です。
いったん中耳炎が治っても、鼻炎症状により再度中耳炎を起こすこともよくあります。

風邪、インフルエンザにかかった時に、聞こえにくさなどがあったら中耳炎になっている可能性があります。
また、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療をきちんと受けて鼻水の量が減ると、中耳炎になるリスクもかなり軽減します。


この記事の監修ドクター

監修ドクター
たてもと耳鼻咽喉科クリニック
立本 圭吾 医師

京都府京都市東山区三条大橋東入ル大橋町94 三条鈴木ビル5F

075-752-3387

http://www.tatemoto.jp/

詳しく見る