2016.04.17

ワキガと違う?医師が教える脇汗(腋窩)多汗症の手術・費用

この記事の監修ドクター

監修ドクター
二光クリニック
大西 克幸 医師

愛媛県伊予郡砥部町砥部町大南457番地1

050-5282-3815

http://www.1day-surgery.com/top_30950.html

詳しく見る

脇汗

人の体に対して汗の働きは重要です。人は汗を出すことで一定に体温を調節することができ、体温が上がりすぎたとしても汗が熱を下げてくれるのです。

汗は体中のいたる場所から発汗します。しかし局所的に大量の汗をかいてしまうこともあります。このような症状を「多汗症」と呼びます。現在は50~100人に1人の割合で多汗症を発症しているといわれており、身近な病気です。

今回は多汗症の中でも脇から大量の汗をかいてしまう「脇汗(腋窩)多汗症」をテーマに手術や、手術費用の説明をします。

※掲載内容に関しては、専門の医師に監修いただいております。

二光クリニックは「たしかなやさしさがある場所」を施設の共通理念に掲げ、診療を行っております。多汗症の治療は日帰り手術にて対応しております。お仕事や家事などでなかなか時間を割くことができない方でも安心してご利用いただけます。



脇汗(腋窩)多汗症とは

脇汗多汗症
脇汗(腋窩)多汗症とは、緊張、運動、気温などがきっかけで、局所的に大量の汗をかいてしまう病気です。

脇汗(腋窩)多汗症の場合は脇に大量の汗をかきますが、背中、胸、ふともも、お腹などは汗は少ないです。限られた箇所しか汗をかかないので多量になり、症状がひどい場合は衣服がビショビショになるほど汗をかきます。命に関わるようなことはありませんが、青年期に発症することがおおく、精神的に悩んでしまうことがあります。

脇汗(腋窩)多汗症が原因で引っ込み思案になったり、人とのコミュニケーションに恐れを抱いたりするようになったりすることもあります。また、症状がひどく、あまりに汗の量が多いと看護、美容関係のような人と接する機会が多い職業に就くことを敬遠するようにもなってしまいます。

このような悩みがきっかけで医療機関を訪れる人は多いです。

脇汗(腋窩)多汗症とワキガとの違い

ワキガと多汗症


脇汗で悩む人は、汗の量、匂い、もしくはその両方で悩むことがほとんどです。汗を出す器官のことを「汗腺(かんせん)」といいます。人間には2種類の汗腺があります。アポクリン汗腺と、エクリン汗腺です。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、下腹部、耳の穴、脇、等の毛が生える部位にあり、汗自体は異臭を放ちません。ですが、毛穴からでている皮脂と汗が交わることで細菌が発生します。この細菌が本来の脇の臭いではない異臭を放つのです。

アポクリン汗腺が発達すると黄色い汗ジミの元となり、ワキガになります。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は体温調節を行う汗腺で、全身にあります。エクリン汗腺が流す汗は無臭です。ですが、このエクリン汗腺が発達することで汗を沢山かくことがあります。この状態が多汗症です。

ワキガと脇汗(腋窩)多汗症の違い

前述しましたがワキガと脇汗(腋窩)多汗症は全く別の症状です。ですが同時に発症することもあります。

ワキガと脇汗(腋窩)多汗症は症状に違いがあります。ワキガは特有のキツイ臭いが伴います。ワキガの臭いは汗をかかなくても発生します。つまり汗の量とは無関係なのです。しかし、運動などで汗をかいてしまうと周囲に臭いが拡散されてしまう為、より臭ってしまいます。

一方、脇汗(腋窩)多汗症ですが、臭いはありませんが多量の汗をかくのが特徴です。ただし汗っかきと多汗症を区別するのは難しいです。特に運動をしていないのに異常な量の汗をかいたり、暑くないのに常に汗をかいているようでしたら多汗症を疑ってよいと思います。

脇汗(腋窩)多汗症の手術内容と効果

 

脇汗(腋窩)多汗症は薬では治せないのか? 完治させるには手術しか方法はないのか? といった質問をいただくことがあります。ここでは脇汗(腋窩)多汗症の治療方法、手術内容、手術の効果について説明します。

まず、脇汗(腋窩)多汗症は風邪や捻挫のように自然に治癒するということはありません。その為、治療には薬か、手術しか方法はありません。薬には内服薬、外用薬塗布等ありますが、完治させるのは難しく、問題を根本から解決するには手術しかないです。手術は臭いや汗を発生させる元となっている汗腺を除去するので、症状の改善を見込むことができます。

手術は基本的に局所麻酔で行われます。その為、手術中に痛みを感じることがありません。しかし、患者様によっては麻酔が覚めた際に痛みを感じる人もいます。手術の痛みは痛み止めの薬により抑えることができます。ですが、痛みが消えず悪化するようであれば、注射で痛みを抑えます。



内視鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)(保険適用)

ETS手術

精神カウンセラー、自律神経のブロック薬、イオンフォトレーシス、電気による治療、切開による涙腺の切除等、多汗症の治療は以前から様々な方法が試されてきました。しかし満足行く結果がでることは中々ありませんでした。

そんな中で、欧米で開胸手術が積極的に行われだし、その効果が日本でも評価され行われるようになっていました。
内視鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)は、太さが2mmしかない細いファイバースコープを使った手術です。手術で残る傷は2mmと非常に小さく、身体的な負担が少ない上、日帰りで手術が可能です。(※治療は片脇ずつ行う事を進められます、3ヶ月時間をおく)手術は切開するというよりは大きな注射をする感覚です。交感神経核や神経線維を切除・ブロックすることで発汗を抑えることができるようになります。

内視鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)は、保険適応となり現在は多汗症治療の主流となってきております。手術は片方ずつ行うことがお勧めですが、療法同時に行うこともできます。ただ、多汗症の治療には代償製発汗の十分な理解が必要なので、医師としっかり相談して治療を受けるようにしましょう。

反転剪除法(はんてんせんじょほう)(自費診療と保険診療)

脇の皮膚をしわに沿って切開します。切開した皮膚を裏返し、医師が目視で汗腺を確認しながら切除していく手術方法です。手術の際には毛根も切除します。その為、毛が薄くなってしまいます。

脇汗(腋窩)多汗症・ワキガの原因になっている汗腺を確実に取り除けるので効果が期待できる手術方法です。病状が重い場合や、確実に成果を出したい人に向いている手術方法です。

健康保険が適用となるのは、脇のにおいが強い方でワキガの手術に適用となります。保険適用となるかどうかは診察時に医師によって判断されます。

吸引法(自費診療)

他の手術方法と比較すると簡単な手術です。脇の下に数ミリの穴を開けます。その穴に「カニューレ」という細い管を挿入し、汗腺を吸引して除去してしまいます。

メスを使用しない方法なので、手術による傷も最小に済ますことができます。しかし、反転剪除法と比較すると効果も薄いので、症状が軽度の人に向いた手術方法です。

脇汗をかかないようにしたら、他の部位から汗をかくようになるのか

人は汗をかくことで体温調整を行っているので、手術により脇汗をとめると、これまで脇から多量に流れていた汗が、「代償性発汗」として胸の下、腹部、背中、臀部の汗の量が増えます。

局所的に汗をかくことはなくなりますが、汗の全体量はかわりません。多汗症の治療を行う際に一番気を付けなければいけないのが、この「代償性発汗」です。代償性発汗の理解が不十分ですと、治療を受けた後に後悔する方もいらっしゃいます。多汗症治療を実施している医師もそのことを十分に経験されており、患者様に注意して代償性発汗について何度も説明を行うようにしています。

代償性発汗について理解が足りないと、多汗症を患っていた方は、他の部位からの汗に慣れておらず、困惑して治療を後悔するケース(約1%)があります。ただ、夏の暑い日、寝苦しい夜に汗をかいたり、運動後に全身から汗をかくことは普通のことです。ただ、汗の量というのは人によって感じ方が違うので、事前にしっかりと説明を受けて理解することがとても重要となります。

治療前に代償性発汗について十分に理解していれば、局所からの大量の汗が止まり、全身でバランスよく汗をかくことが自然であると受け入れられると思います。代償性発汗について十分な理解がない方は治療を受けることを検討されたほうが良いと思います。



脇汗(腋窩)多汗症の手術費用

脇汗(腋窩)多汗症の治療費用は医療機関によってことなりますので、あくまで目安という体で紹介させていただきます。また症状によっては保険が適応されます。保険適応が可能か否かは1度医療機関で相談してみてください。

内視鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)の手術費用

保険適応:〇
費用:片方 90,000円
※両側の手術を同時に行うと、手術費用は90,000円で済みますが、手術は片方ずつ行う方が体への負担、代償性発汗の理解が得られやすいと考えられており、片方ずつ進めるようにするのが一般的だそうです。
日帰り:○(※ただし、片面ずつの治療、もう片側の手術は3ヵ月後以降)

反転剪除法(はんてんせんじょほう)の手術費用

保険適用:50,000~70,000円
自費診療:200,000~350,000円
日帰り手術:×
保険適用となるのは、ワキガでにおいが強い方となり、医師の診断で判断となります。

吸引法の手術費用

保険適用:×
自費:150,000~250,000
日帰り:×

高額療養費制度

脇汗(腋窩)多汗症の手術は高額医療の対象となることがあります。医院から発行される領収書を保管し書類を準備し、手続きをしてください。

脇汗(腋窩)多汗症手術の保険適応は?

脇汗(腋窩)多汗症の手術で保険適応なのは「内視鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)」のみです。その他の手術方法を選択する場合は自費での診療となります。

失敗しないために注意すべき副作用

発汗、臭いが再発する

手術後の副作用として発汗や、臭いが再発することがあります。汗腺をすべて取り除くわけではないので、若干の汗、臭いが残る可能性はあります。加えて汗腺は再生することもあるので再発する可能性があります。

 

色素沈着

手術後は内出血することもありますし、他にも脇の下が腫れたり、黒ずんでしまったりします。

発症する恐れのある合併症

前述した代償性発汗、気胸術後出血等を発症する可能性があります。

気胸術後出血を発症することは極稀ですが、代償性発汗はほぼ必ずと言っていいほど発症します。手術前に納得いくまで医師と話し合い納得の行く治療をおこないましょう。

脇汗(腋窩)多汗症手術をした人の体験談

ワキの多汗症で20年間悩み、ある日無料相談に行ったら、2日後に手術が決まり、「こんなトントン拍子なものなの?」と驚きました(笑)
http://wakigatakansyo.com/entry7.html

さっきまであんなにベタベタだった手がサラサラしているのです。これからはピアノも弾けるし書類も持てる!とうれしくてたまりませんでした。
https://nicoly.jp/article/1372

お陰さまで右手の汗はすっかり止まり快適な日々を送っております。手術直後は肩から背中にかけて痛んだり寝汗も増えましたが、今では目立った代償性発汗もなく手の乾燥も治まり自然な潤いが戻ってきました。脇の汗も手のひら同様に発汗がほとんどなくなりました。(中略)今では自分が手掌多汗症だったことすらも忘れてしまうかのような感覚です。
http://www.best-ets.com/voice/

まとめ

以上、脇汗(腋窩)多汗症の手術・費用に関する説明でした。

脇汗(腋窩)多汗症は命に関わる病気ではありませんが、ただ病気を発症したタイミングや生活環境によって、精神的に悩んでしまう可能性がある病気です。特に青年期の多汗症は周囲に相談しづらく、1人で悩みを抱えてしまう人もいます。

もし脇汗(腋窩)多汗症の症状があったり、疑いがあるようだったら1度医療機関でカウンセリングだけでも受けることをおススメします。脇汗(腋窩)多汗症は高額医療費制度の対象にもなっているので、治療の前に自身の状況、活用できる制度は確認するようにしましょう。

ただ、治療を受ける前に代償性発汗についての説明を医師から受けて、納得した上で行うようにしてください。代償性発汗の理解が不十分ですと、手術後に脇の汗が改善しても、他の部位から出る汗に治療を後悔する人も数名いるようです。局所でかく多量な汗と全身でバランスよく汗をかく事をしっかりと理解して、現在の症状と治療後の症状をイメージして治療を受けられるとよいと思います。



この病気のおすすめドクター紹介

この記事の監修ドクター

監修ドクター
二光クリニック
大西 克幸 医師

愛媛県伊予郡砥部町砥部町大南457番地1

050-5282-3815

http://www.1day-surgery.com/top_30950.html

詳しく見る