2017.02.07

目がゴロゴロするのはゴミのせい?目の違和感や異物感は実は病気かも

この記事の監修ドクター

監修ドクター
オガタ眼科クリニック
緒方 譲二 医師

福岡県福岡市中央区天神2丁目2-12T&Jビル3階

0120-280-964

http://www.ortho-k.jp/

詳しく見る

目がゴロゴロ

人は情報の9割近くを視覚から得ているといわれています。
ほとんど目からの情報に頼っている状態ですから、目の違和感はたいへんな煩わしさを感じますし、普段の生活や仕事への影響は避けられません。

目の違和感は、ゴミやまつ毛などの異物混入だけに限りません。今回は、専門医の監修の元、目の違和感の原因と病気の可能性、違和感があるときの対処法について説明します。


目の違和感の原因

目がゴロゴロする異物感や、なんとなく違和感を感じる時があるでしょう。
眼球にゴミが入ってしまったり、まつ毛が触れていたりするケースも多いのですが、いつまでも治らない、つねに異物感を感じているような場合には、ゴミやまつ毛以外の原因があるかもしれません。

異物の混入がある

まず考えられるのが、眼球にゴミや細かい砂粒などの異物が入ってしまったり、自分のまつ毛が入ってしまったりするケースです。
目を覆っている結膜(白目)自体はあまり痛みを感じません。一方、角膜は敏感に痛みを感じます。目を閉じたりまばたきをしたりして異物が角膜に触れると、ゴロゴロという異物感や痛みを感じるわけです。目は異物を排除しようと涙を多く分泌して涙目の状態になることもあります。

目の異物感や違和感はひじょうに煩わしいものですが、ゴミや微細な砂粒などが混入したケースでは自然に涙で流されたり、点眼薬などで洗浄することで治ることが多いため、あまり重篤なイメージはないと思います。しかし、異物によって角膜が傷つくことが原因で、より重篤な炎症を引き起こすリスクがありますので、注意が必要です。

逆さまつ毛の場合、つねに結膜や角膜にまつ毛が触れて傷つけています。逆さまつげによるゴロゴロ感については、根本的な逆さまつ毛の治療が必要な場合があります。

また、最近では、アイメイクの化粧品やスクラブ(研磨剤)入りの洗顔剤が目に入って異物感を感じるケースもあります。

コンタクトレンズ

コンタクト

コンタクトレンズがゴロゴロとした異物感、違和感の原因になることもあります。
自分に合っていないコンタクトレンズを装着している場合には、つねに違和感を感じるようになります。また、最近流行りのファッションコンタクトレンズなどを装着した場合にも、違和感を感じることがあります。

コンタクトレンズがドライアイを促すために異物感や違和感を感じることもあります。コンタクトレンズは涙の薄い膜の上に浮いている状態で装着されています。コンタクトレンズが涙を吸収してしまったり、涙の蒸発を促進してしまったりするとドライアイ状態になり、コンタクトレンズそのものが角膜を刺激するようになって、異物感や違和感を感じるようになります。

コンタクトレンズでもっとも気をつけたいのが、適切なケア、洗浄と保存です。洗浄不足などでコンタクトレンズの表面にカビや異物、目からの分泌物などが付着した状態で装着を続けていると、それらが角膜を傷つけることになります。

ドライアイ

異物の混入はないものの、異物の影響を受けやすくしてしまうのがドライアイです。ドライアイの結果、目が乾いて異物感や、まぶたの引っかかりなど違和感を感じることがあります。
コンタクトレンズ装着者の9割がドライアイの症状を訴えているといわれています。しかし、ドライアイはコンタクトレンズ装着者以外にも起こります。
目は涙が表面を潤すことで保護されています。適度にまばたきをすることで涙が眼球表面に広がります。生活環境や目を酷使することで涙が十分に目を潤せない状態になってしまうのがドライアイです。
エアコンが効いた部屋など乾燥した環境に長くいたり、パソコンやスマートフォンなどの画面を凝視する時間が長くなることでまばたきの回数が減って、ドライアイの症状を訴える人が増えつづけています。また、ストレスによって自律神経の働きが低下して、涙の分泌が抑制されてしまうことも分かっています。


目の違和感をともなう病気について

異物の混入がないのに、ゴロゴロとした異物感、違和感を感じることがあります。その原因には、目の病気が関わっているかもしれません。結膜炎や角膜炎が代表的な原因となります。

結膜炎

結膜は、眼球とまぶたをつないでいる薄い膜で、いわゆる白目の部分がこれに当たります。この結膜に炎症が起き、充血したり大量の目やにが出たりします。目やにが刺激となって異物感を感じることもあります。
結膜炎には「アレルギー性結膜炎」、「細菌性結膜炎」、「ウイルス性結膜炎」の3つがあります。

アレルギー性結膜炎は、まさに異物の混入が原因となります。代表的なものが花粉やハウスダストです。これらを排除しようと過剰なアレルギー反応が起きることが炎症の原因となります。水状のさらさらした目やにが出て、かゆみ、充血、異物感を感じます。まぶたの裏にぶつぶつができることもあり、さらに異物感が強くなる場合があります。

細菌性結膜炎は、黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌などに感染することで起こる炎症です。やはり目やにが出て、目が充血し、かゆみやゴロゴロとした異物感を感じます。

ウイルス性結膜炎は、おもにアデノウイルスの感染によって起こります。充血やまぶたの腫れ、異物感などの症状があります。耳前にあるリンパ節が腫れて痛むのがこの病気の特徴です。「はやり目」といわれる流行性結膜炎はアデノウイルスによるもので、感染力が強く、タオル、入浴、プールなどを媒介として広がります。ウイルス性結膜炎にかかった場合には、他人にうつさない対策が必要となります。

角膜炎

角膜が傷ついて炎症を起こしたものが角膜炎です。
混入した異物や目やになどによって角膜が傷ついて、そこから細菌感染した場合に発症します。コンタクトレンズによる傷が元で発症するケースがとても増えています。洗浄が十分でなく、カビなどに感染したコンタクトレンズは角膜にとって大敵です。
角膜は痛みにも敏感なので目に痛みを感じます。さらにゴロゴロとした違和感、充血、涙が出る、黒目が白くなるなどの症状が出ます。
角膜炎が進んで角膜の内部にまで潰瘍が及んでしまった場合、視力の低下を招くことがあります。

ものもらい

ものもらいは、まぶたの縁や裏に腫れを起こします。地方によって「めばちこ」や「めいぼ」などともいわれますが、医学的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」といいます。これらは同じものもらいを指しますが、原因が異なり、また治療法も違います。

一般的な「ものもらい」は麦粒腫です。これは、まぶたの周囲にある皮脂腺などに、皮膚にいる常在菌が感染して起こる感染症です。常在菌は感染力がとても弱く普段はほぼ無害なのですが、ストレスや過労によって抵抗力が落ちていると症状として出る場合があります。
まぶたが赤く腫れたり、化膿して膿が溜まって痛みを伴います。まぶたの外側が腫れる外麦粒腫と、内側が腫れる内麦粒腫があります。

霰粒腫は、まぶたの周りにある皮脂腺の一種であるマイボーム腺に不純物が溜まった腫れ物です。マイボーム腺は黒目に油を出して、涙の乾燥を抑える役割を果たしています。
不純物が溜まっているだけなら、とくに痛みを感じることはありません。放置していても自然と不純物が排出されることもありますが、不純物が溜まりやすくなってくることもしばしばで、慢性的に繰り返し腫れ物ができ、大きくなっていくことがあります。
一旦炎症を起こすと、腫れて痛みやかゆみを伴います。繰り返し霰粒腫ができる場合には、切除する必要があります。


目の違和感の対処方法

目を傷つけないことが大事

目がゴロゴロするときの対処法としてまず考えるのは、違和感の原因となった異物の有無を確認することです。
ゴミやホコリ、まつ毛などが混入しているのであれば、それを取り除きます。
ただその際、手指でゴシゴシこすることは絶対に避けなければなりません。目に傷をつけないことを第一に対処しましょう。まずは水や点眼液で洗浄してみてください。
異物を除去した後も違和感が治まらない場合には、炎症を起こしていることもありますので、清潔なタオルなどでまぶたを冷やして様子を見てみましょう。一晩経っても治まらない場合には、病気や、重篤な傷があるケースもありますので、必ず眼科を受診してください。
ゴミなど異物が入った場合でも、きちんと取り切れないで目を酷使していると角膜に傷がついてしまって、場合によっては視力の低下、さらに失明のリスクにつながることがあります。

とくに異物が見つからないにもかかわらず違和感が続く場合には、ドライアイが悪化しているケースもあります。
ドライアイは乾燥した環境やストレスなどが原因ともなりますので、一朝一夕に改善できるものではありません。眼科医に相談して、人工涙液の点眼や、適切な指導を受けてください。コンタクトレンズを装着している方は、一旦装着をやめてみましょう。コンタクトレンズが合っていない場合もありますので、できるだけ早めに眼科医に相談してみてください。

逆さまつ毛で乱生がひどい場合には、本数が少なければ眼科で抜いてもらったり、睫毛毛根切除術によって改善させることができます。ただし、逆さまつ毛を自分で抜くのは絶対に避けましょう。眼球を傷つけてしまったり、逆さまつ毛がより悪化したり、場合によっては抜いた部分から雑菌が入って化膿してしまうなど、リスクが大きくなります。
まぶたが内側に反っているために逆さまつ毛になっている眼瞼内反(がんけんないはん)の場合には、まぶたを切開してまつ毛を外側に向かせる手術をしたほうがいい場合もあります。
逆さまつ毛は健康保険の適用になりますので、手術になった場合でも自己負担額は1、2万円程度、睫毛毛根切除術で2,000〜3,000円程度です。どちらも日帰り手術が可能です。

なかなか違和感が治らないのならすぐに眼科に

水や点眼液で洗浄しても治らない場合には、必ず眼科を受診してください。
結膜炎や角膜炎の場合には、原因によって処方する薬などが異なります。またものもらいの場合には麦粒腫と霰粒腫で治療方法が違います。市販の点眼薬などでの治療は、かえって炎症を長引かせてしまうケースもありますので、必ず眼科を受診しましょう。

細菌性結膜炎の場合は、抗生物質の点眼によって1、2週間で完治します。
一方、アデノウイルスなどウイルス性結膜炎には有効な薬はありません。炎症を鎮める薬とともに、角膜への感染を防ぐ抗菌点眼薬などを使用します。

角膜炎は細菌による炎症と真菌(カビ)による炎症があります。それぞれの原因に合わせた点眼薬や内服薬を使用します。

ものもらいでは、麦粒腫の場合は抗菌剤の点眼や、抗菌眼軟膏などを使って治療します。腫れを引かせるとともに、化膿を拡げないということに主眼が置かれた治療です。
霰粒腫の場合には感染症ではないため、温湿布治療が柱となります。溜まった不純物が出やすいようにします。ただ、霰粒腫ができやすくなり、また大きくなるようであれば、手術で切除するほうがいい場合があります。眼科医の説明をよく聞いて、手術をする、しないの判断してください。

まとめ

目に異物感、違和感があるケースの原因、病気のリスクについてまとめました。ゴロゴロするといった異物感や違和感だけで激しい痛みにつながらないうちは、たいしたことはないと考えがちです。しかし、放っておくと重篤な目の疾患につながりかねません。
また、眼病が原因の場合もありますし、それが伝染性のものであれば、いち早く治療をすると同時に、他人へうつさないことも重要です。
日頃から目を清潔に保つことに心がけ、とくにコンタクトレンズを装着している方は、正しいケアを怠らないようにしましょう。そして、水や点眼液での洗浄などで改善しない場合には、必ず眼科を受診してください。


この記事の監修ドクター

監修ドクター
オガタ眼科クリニック
緒方 譲二 医師

福岡県福岡市中央区天神2丁目2-12T&Jビル3階

0120-280-964

http://www.ortho-k.jp/

詳しく見る