日帰り手術の費用

日帰り手術の目安費用一覧

日帰り手術は従来の手術治療に比べて入院する必要がないので、その分治療費を節約できることがメリットの1つとして挙げられます。
治療内容によって費用は多少異なりますが、健康保険の適応もされるので、同じ治療内容であれば、どこの医院で手術を行っても基本的に費用は同じです。

ただし、一部の医院では健康保険適応外の自費診療を行っているケースもあるので、詳しい料金を知りたい方は、事前に医院に確認することをお勧めします。

治療費一覧

こちらはあくまで目安のものとなります。医院や治療内容、入院日数によって多少異なることがありますので、予めご了承ください。

手掌多汗症
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
外用薬 約2,000~3,000円
イオントフォーレシス 約1,000円~2,000円/1回
ボツリヌス毒素注射 約10万円前後
神経ブロック 約1,000~2,000円/1回
交感神経遮断術 約8~10万円 約10~12万円

※ボツリヌス毒素注射は、わきのみが保険適応となり、手の場合は自費診療になります。
※交感神経遮断術は高額療養費制度の対象となります。

下肢静脈瘤
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
ストリッピング手術 約4万円 約6万円
硬化療法 約5,000円
高位結紮術 約1~2万円
血管内レーザー治療 約5万円 約7万円
高周波治療 約5万円 約7万円
圧迫療法 約5,000~10,000円

※圧迫療法の保険適応は医院によって異なります。
※レーザー治療に関しては自費診療を行っている医院もあります。
※下肢静脈瘤の手術は高額療養費制度の対象となります。

鼠径ヘルニア(脱腸)
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
従来法 約8万円前後 約10万円前後
メッシュ法 約5~6万円 約7~8万円
腹腔鏡手術 約8~9万円 約10~12万円

※記載しているのは片側手術の料金になります。両側の手術の場合さらに+2~3万円程度とお考えください。
※鼠径ヘルニアの手術は高額療養費制度の対象となります。

痔疾患
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
ジオン注入法 約1.5~2万円
いぼ痔の手術 約2~3万円 約4~6万円
切れ痔の手術 約2~3万円 約8~10万円
穴痔の手術 約3~4万円 約10~15万円

※痔の手術は自費診療を行っている医院もありますが、基本的に健康保険適応の対象です。
※痔の手術は高額療養費制度の対象となります。

胃・大腸ポリープ
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
胃ポリープの切除 約2~3万円 約3~4万円
胃の内視鏡検査 約4,000円前後
大腸ポリープの切除 約2~3万円 約3~4万円
大腸の内視鏡検査 約5,000円~1万円

生検する場合は+4,000~5,000円程度かかります。
※内視鏡検査は検査の内容によって料金が異なります。

胆石症
治療法保険適用治療費(3割負担)入院する場合(3割負担)
対外衝撃波胆石粉砕術 約5~6万円前後 約7~8万円
開腹手術 約14~15万円 約16~17万円
腹腔鏡下胆のう摘出術 約12~14万円 約14~16万円

※胆石の手術は高額療養費制度の対象となります。

お支払いについて

日帰り手術は、健康保険の適応以外にも、クレジットカードでもお支払いが可能になってきている医院も増えてきています。利用に関する内容は医院によって異なりますので、事前にご確認ください。

高額療養費制度

同一月内で、医療費の自己負担額が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度のことです。限度額はご自身が該当する区分によって異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。
また、お手続きの際に医院から出される領収書が必要になります。手続き完了してから払い戻されるまで、3ヶ月ほどかかります。

任意保険について

生命保険や医療保険などに任意で加入している方に関しては、日帰り手術を受けた際に手術給付金が受け取れることがあります。しかし、全ての日帰り手術が対象となっているわけではなく、給付金を受け取れないケースもあります。まずは、ご自身で加入している保険会社に確認しましょう。

ページトップ