白内障について

白内障とは

白内障とは、眼球にある水晶体が白く濁ってしまう病気です。
水晶体は眼の中で、外部からの光を集めてピントを合わせる、カメラでいう「レンズ」のような役割をしています。
白く濁ってしまうことで、光が眼底に届きにくくなってしまい、症状が現れます。

白内障

白内障は、一般的に加齢とともに発症することが最も多いと言われています。早い人で大体40歳を過ぎたころから発症し、80歳以上になるとほとんどの方が発症していると言われております。特に加齢とともに発症する加齢白内障(老人性白内障)が7割以上を占めています。

治療に関しては、手術が一般的ですが、症状が出たからと言って、すぐに手術を受けなければいけないという大きな病気ではないです。

白内障の症状について

白内障の原因について

加齢に伴って発症する加齢白内障(老人性白内障)は、水晶体にはたんぱく質(クリスタリンタンパク)が存在しており、これが白く濁ったり、硬くなってしまうことが原因です。先述したように、早い人で40歳を過ぎたころから発症します。80歳以上での白内障の発症率はほぼ100%に近いと言われております。
その他の原因としては、先天性のものや、アトピーや糖尿病による合併症、他の眼の病気から起きる二次疾患、薬剤や放射線によるものなどが挙げられます。

種類 原因
老人性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病
先天性白内障 生まれつき
外傷性白内障 目をぶつける、かく、こする
併発性白内障 ぶどう膜炎、網膜色素変性、網膜剥離など
その他 放射線や紫外線、ステロイドなどの薬物

白内障の症状

白内障は自覚症状に気づきにくい病気でもあります。以下のような項目があれば、一度検査を受けてみることをおすすめします。

白内障
  • 視力の低下
  • 視界がかすむ・ぼやける
  • ものが二重三重になって見える
  • 光がまぶしく感じる
  • 明るいときと暗いときに見え方が異なる
  • 目が疲れやすい

白内障は必ず両眼に起こるわけでなく、片眼だけ発症しているケースもあります。

白内障の種類

白内障の種類

種類 原因
老人性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病
先天性白内障 生まれつき
外傷性白内障 目をぶつける、かく、こする
併発性白内障 ぶどう膜炎、網膜色素変性、網膜剥離など
その他 放射線や紫外線、ステロイドなどの薬物

白内障の分類

白内障は病気の原因の他に、水晶体の濁る部分によって分類されます。

分類 濁る箇所
核白内障 水晶体の中心が濁る
皮質白内障 水晶体の周りが濁る
前嚢(ぜんのう)白内障 水晶体の前側が濁る
後嚢(こうのう)下白内障 水晶体の後ろ側が濁る

白内障の治療

白内障の治療は症状が浅いうちは点眼薬等で経過観察をとり、日常生活に支障がでるようなら外科手術が一般的です。手術は入院の必要がなく、日帰りで行えます。

手法 内容 日帰り
手術 白内障の手術は、眼の中の水晶体を砕いた後、吸引し、その代わりに人工の眼内レンズを挿入します。従来はメスを使った手術でしたが、近年ではレーザーを使うことも増え、より正確に治療が行えるようになりました。手術15~30分ほどで終わり、入院の必要もありません。

眼内レンズについて

眼中の水晶体の代わりに挿入するものを眼内レンズと言います。眼内レンズには、眼鏡や度数を眼内レンズは大きく分けて2種類あります。

単焦点眼内レンズ

単焦点レンズは、焦点を遠くに合わせるか、近くに合わせるか、焦点が単一のレンズのことです。もう片方を見やすくするには眼鏡が必要になってきます。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズとは逆で、遠くでも近くでも焦点を合わせることができます。その分、お値段も高くなります。

治療・手術の流れ

1外来

問診・診察を行い、視力検査を行います。

2白内障検査

眼底検査や細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)検査で白内障の進行度を調べます。

3検査結果の説明

ドクターより説明を受け、手術を受けるか経過観察かを決めていきます。

4術前検査

レンズの度数を確かめる検査や、採血、血圧検査などを行います

5手術

術前に点眼薬を使います。その後、目薬による麻酔を使い、手術に入ります。手術は15分前後で完了します。

6術後

手術が終わったら、術後の注意点などについて説明をうけてからの帰宅になります。入院する場合は前日、もしくは当日から入院となります。

7再診

術後の様態を確認するため、定期的に検診を受けます。

※こちらはあくまで大まかな流れになります。クリニックにより検査等も異なるので、詳しくは、ホームページを確認したり、お問い合わせをしてみてください。

治療費について

白内障の手術は、単焦点眼内レンズの手術は健康保険の適応になります。多焦点眼内レンズの場合は、手術代は自費診療となりますが、術前術後の検査や処置に関しては保険が適応されます。
こちらはあくまでも目安になりますので、詳しい料金を知りたい場合は、医院に確認しましょう。

治療法 保険適用 治療費(3割負担) 入院する場合(3割負担)
単焦点眼内レンズ(片眼) 約4~6万円 約8~10万円
単焦点眼内レンズ(両眼) 約8~12万円 約12~16万円
多焦点眼内レンズ(片眼) × 約30~40万円 約35~45万円
多焦点眼内レンズ(両眼) × 約60~80万円 約65~85万円

医療費控除

白内障の手術は医療費控除の対象です。基本的に1月から12月の間に本人、及びご家族が支払った医療費が10万円以上になる場合は、確定申告にて還付金が受け取れます。

任意保険の手術給付金について

保険会社により詳細は異なりますが、多くの保険会社で手術給付金が受け取れるようです。詳細は手術を受ける前に保険会社にご確認ください。